葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀の際に着用する喪服とは

突然の訃報の知らせを受けた際は、通夜や葬儀に参列するために様々な準備をします。香典や数珠といったほかに着ていく喪服などがあります。葬儀の際には必ず喪服を着ていくことがマナーとなっていますが、実際に喪服とはどういった意味合いで着用するようになったのか知らない人も多くいます。喪服としての本来の意味ですが、ご遺族が喪に服しているという意味合いが込められている服装となります。また喪服自体には種類があり、正式タイプと略式タイプがそれぞれあります。喪服の中にも格があるので、自身がもっている喪服が正式と略式両方持っている場合には、きる場面には十分気をつけることが大切となります。

基本的に喪主などの葬儀を執り行う側の遺族が着用するのが、正式タイプの喪服となります。モーニングや和装が対象となります。参列する側であれば格式が親族よりも格が上がらないように、基本的にはブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれる略式タイプの喪服を選びます。略式を着用する意図としては、故人をしのぶための正装という意味合いが込められています。また勘違いされている人が多いのが喪章があります。喪服がなく普段着に喪章をつけることで喪服に役目があると勘違いされている人はいますが、喪章はご遺族など関係者という意味合いなので喪服代わりにはならないので注意してくと良いです。