葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀の前の仮通夜の際に着用する服装選び

社会人と生活しているなかで何度か葬儀に参列する機会というものは出てきます。その際には地域のしきたりや風習などにもよりますが、通夜や葬儀が執り行われます。中には仮通夜と呼ばれる場に参列する場合もあります。では実際に仮通夜や通夜に参列する際の服装の選び方ですが、失礼の内容にしっかり理解しておくことがポイントとなります。まず仮通夜ですが亡くなった直後にとり行われます。参列する場合に取り急ぎ駆け付けるという人が殆どとなるので服装は普段着で問題はありません。ただし服装は派手な柄物などは控え、落ち着いた色合いの物を着用すると良いです。

アルバイトの面接試験の時のようにジーンズはダメといったルールなどはなく、そこまで堅苦しく服装を選ぶ必要はありません。ですがやはりお祝いの場とうわけではないので、礼儀ある黒や紺といった暗めの色を着用するのが良いです。また仮通夜の際に逆に喪服の着用はマナー違反となるので注意が必要です。仮通夜での喪服の着用がマナー違反のなる理由ですが、仮通夜の段階で喪服の準備ができているのは事前に不幸を予期していたのではと考えられてしまうためとなります。そのため仮通夜ではたとえ喪服がすぐに準備できる状態であっても、着用は控えたほうがマナーとなります。