葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀前の通夜に参列する際の洋服の選び方

人が亡くなった場合には基本的に通夜と葬儀や告別式などが執り行われます。訃報の知らせなどが届いた場合であれば、親しい間柄の人やお世話になった人なのであれば通夜から参列するよう準備をする必要があります。では実際に通夜に参列する際の服装ですが、基本的には喪服着用がマナーとなります。ただし喪服の種類としては正式タイプではなく略式タイプを着ていくようにします。ただし通夜には仮通夜と同じように取り急ぎ駆け付けるといった意味合いが含まれています。そのため通夜の参列する日が仕事がある平日といった場合も多いので、仕事帰りの服装で参列する人も少なくありません。

男性であればスーツ姿のままでも問題ありませんが、ネクタイだけは黒色に変えておくと良いです。女性であればそのままの服装でも問題ありませんが、派手なスカーフやアクセサリーなどは取り外す配慮が必要です。それ以外の通夜への参列であれば、やはりマナーとおり略式タイプの喪服の着用が基本となります。男性であればダークスーツを選び、女性であれば今夜グレーといったスーツのほかに黒無地のスーツやワンピースなどが良いです。その際ストッキングは黒い色を着用するようにします。基本としてブラックフォーマルな服装を選ぶことが基本となります。