葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀や告別式で着用する服装の選び方

普段の生活をしちえるなかで訃報の知らせというものは突然届きます。そのため社会人として生活がはじまったのであれば、冠婚葬祭用の服装などは事前に準備しておくと良いです。突然の知らせが来た場合でも慌てることなく、通夜や葬儀に参列することができます。では実際に葬儀や告別式に参列する場合ですが、その際に着用していく服装の選び方があります。葬儀や告別式への参列の場合は、一般的なマナーとして着用する服装はブラックフォーマルとなります。略式と呼ばれるタイプの服装であり、男性であればブラックスーツとなり女性であれば黒のワンピースやスーツなどになります。

男性はブラックスーツはシングルでもダブルでも問題はありません。下に着用するのは白いワイシャツに、黒い無地のネクタイをつけます。靴なども黒い無地のタイプを選びます。金色などの金具がついた靴などは避けるようにします。女性の場合は黒いワンピースやスーツを着用し、肌の露出は極力控えるのがマナーです。そのため夏場であっても五分袖程度の物までが望ましいです。足元などは黒いストッキングを着用し、派手なアクセサリーなどをつけるのは控えたほうがよいです。化粧なども控え目にするのも大切となります。