葬儀の際に着用する喪服とは

冬場の葬儀や告別式に参列する際の服装

社会人として生活している中で、突然訃報の連絡を受ける場合が出てきます。その際は速やかに仮通夜、通夜や葬儀などに参列する準備を行います。ですが葬儀が執り行われる時期などは決まりがなく、真冬に届く場合もあります。その際の服装などは基本的には喪服となりますが、同時にコートなどの着用も必要となります。ではコートを着用していく際のマナーですが、ビジネスマナーと同じとなります。通夜や葬儀が行われる場所が葬儀会場などであれば、会場内に入る前の入口でコートは脱ぐようにするのが良いです。仮通夜などは自宅が多いですが、その際のコートも玄関前で脱ぐようにします。

葬儀場などによっては焼香の場所が屋外テントといった場合もありますが、その際は焼香の時にのみコートは脱ぐようにします。焼香後に再びコートを着用しても、屋外であれば差支えはありません。葬儀や告別式の場合であれば、葬儀会場から出るまではコートの着用は控えたほうがマナーとなります。冬場に着用するコートですが、基本的に暗い色の物がよいのですが、あまりこだわらなくても問題はありません。ただし素材に関してですが、毛皮や皮といったコートは控えたほうがよいです。殺生を連想させ死をイメージさせてしまうので、コートのほかに手袋なども素材には注意が必要です。