葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀に際しての服装に付いて

葬儀は人生の最後の大事なセレモニーです。その葬儀に参列する時には失礼があってはいけません。特に服装には気配りが必要です。一般的に、黒の礼服を選ぶ方が圧倒的に多いでしょう。男性なら黒のダブルのスーツが正式ですが、最近はダークスーツの方も増えています。女性なら黒のセットアップスーツが理想です。

日本の気候を考えると、礼服は男女共に夏用と冬用の二着を持っているのが良いのですが、予算的にも難しい場合もあります。場合にも寄りますが、真夏は上着を着用しなくても良いと言う考え方もあります。女性は半袖でも構いませんが、スカートの裾の丈は膝下まであった方が良いでしょう。反対に真冬の場合は、女性でも黒いパンツに上着で構わないと思われます。式場に入るまではコートやマフラー着用は許されますが、なるべくダークカラーにしましょう。派手な色や模様は避けます。

通夜に列席する場合は、葬儀ほどの厳格さはいりません。訃報をお聞きして賭けつけると言う側面がある事から、地味目の平服が良いと言われてきました。ただ最近は葬儀と同じような礼服を着用する方が多いようです。平服の時も常識的な色やスタイルを心掛ける事が必要です。あくまでも故人を偲ぶと言う心を忘れてはいけません。