葬儀の際に着用する喪服とは

葬儀のマナーと注意点

葬儀を執り行うことが珍しいのはもちろんですが、参列することもそう頻繁にあることではないのではないでしょうか。いざ参列するとなると、マナーなどわからないことも多くて困る人が大半のはずです。一昔前は、葬儀と告別式が分かれているケースが多く見られましたが、近年では葬儀と告別式を続けて行うことが一般的になっています。葬儀と告別式の時間が分かれている場合には、親しさの具合で葬儀に参列するのかを判断しなければなりません。故人と知り合いや友人程度の関係性だった場合には、葬儀は控えておき告別式のみに参列するのがマナーと言えます。

葬儀に参列する際には、様々なマナーに気をつけておかなくてはなりません。近年では葬儀と告別式を続けて行うケースが多くなっており、長時間にわたるので間で気が緩んでしまっている人もいますが、個人はもちろんのこと家族に対しても失礼にあたるので、気を抜かないように気をつけましょう。葬儀の際には、開始時間よりも早く到着するのは当たり前のことですが、あまりに早すぎても迷惑になってしまうので、十分ほど前に到着するようにしておきましょう。どのような場合でも、個人を慈しみ敬う気持ちを忘れてはいけません。